fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

今週のEconomistのSpecial Reportは必読!

 
中国のアリババが米国証券市場でIPOを申請して、海外進出に本腰を入れたことに合わせてでしょうか、アジアでの企業のグローバル化の動きについてEconomistがSpecial Reportとして取り上げてくれています。表紙に選ばれている企業のほとんどがIT企業であることに時代を感じます。

このブログではグローバル化を小馬鹿にする態度を批判する立場をとっています。グローバル化は現実であって、このままでは競争力を維持できないという危機感は個人的に持っています。グローバル化というといまだに欧米化のようなイメージがありますが、アジアでの大きな動きを知ることばビジネス関係者にとっては重要でしょう。



アジア企業についての社説はTOPの扱いなので、きっとJBプレスでも訳してくれそうです。アジア企業がもたらす変化はケロッグがコーンフロストを、コダックが写真を一般市民に届けて暮らしを変えたような大きな変化となると伝えています。

Asian business
A world to conquer
Asian business is reforming. Its emerging multinationals will change the way we all live
May 31st 2014 | From the print edition

BUSINESS power follows economic power. In the 1920s British firms owned 40% of the global stock of foreign direct investment. By 1967 America was top dog, with a 50% share. Behind those figures lie cultural revolutions. The British spread the telegraph and trains in Latin America. American firms sold a vision of the good life, honed by Hollywood and advertising. Kellogg’s changed what the rich world ate for breakfast, and Kodak how it remembered holidays. The next corporate revolution, as we describe in our special report this week, is happening in Asia. This too will change how the world lives.

では、アジア企業はどのように変化しようとしているか簡潔に述べているパラグラフは以下です。Asian firms are having to become brainier, more nimble and more globalと一文でまとめていますね。

For Western firms, Asia’s shortcomings have been a relief. The iPhone shows why: although it is made by the hands of Chinese workers, it is the brains behind it, at Apple and at high-tech component-makers in the rich world, that take nearly all the profits. Now, however, the rules that have governed Asian capitalism for the past two decades are changing. Asian firms are having to become brainier, more nimble and more global.


全部のSpecial Reportに目を通しましたが、アジアで起こっている大きなうねりを実感できます。もちろん大きな可能性とともに大きな課題も説明してくれています。

アジア企業なんかに興味がないという方もSpecial Reportの最初の記事にあるアジアTOP20の時価総額を示した図を見る事をお勧めします。

Business in Asia
How to keep roaring
Over the past two decades Asia’s companies have enjoyed huge success. But now they need to reform to become brainier, nimbler and more global, says Patrick Foulis
May 31st 2014 | From the print edition

中国が世界経済の2位を占めるようになりましたが、このチャートをみると経済力の大きさを実感できます。日本でランクインしたのは、トヨタ、ソフトバンク、NTT、NTTドコモ、日本タバコ、三菱UFJです。

グローバル化を小馬鹿にする、したり顔の人にこそ読んでもらいたい特集ですね。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR