fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

翻訳の楽しみ

 
池澤夏樹さんが世界文学全集に続いて、日本文学全集も編集するようですね。

日本文学全集宣言
池澤夏樹


はるかな昔、大陸の東・大洋の西に連なる島々に周囲各地から人が渡ってきた。彼らは混じり合い、やがて日本語という一つの言葉を用いて生活を営むようになった。
 この言葉で神々に祈り、互いに考えを述べ、思いを語り、感情を伝えた。詩が生まれ、物語が紡がれ、文字を得て紙に書かれて残るようになった。
 その堆積が日本文学である。
 特徴の第一はまず歴史が長いこと。千三百年に亘って一つの言語によって途切れることなく書き継がれた文学は他に少ない。
 第二は恋を主題とするものが多いこと。われわれは文章によって人間いかに生くべきかを説く一方で、何よりもまず恋を語ろうとした。
 第三は異文化を受け入れて我がものとしてきたこと。ある時期までは中国文明の、ある時期から後は西欧の文明によって文学を更新した。
 今の日本はまちがいなく変革期である。島国であることは国民国家形成に有利に働いたが、世界
ぜんたいで国民国家というシステムは衰退している。その時期に日本人とは何者であるかを問うのは意義のあることだろう。
 その手がかりが文学。なぜならばわれわれは哲学よりも科学よりも神学よりも、文学に長けた民であったから。
 しかしこれはお勉強ではない。
 権威ある文学の殿堂に参拝するのではなく、友人として恋人として隣人としての過去の人たちに会いに行く。
 書かれた時の同時代の読者と同じ位置で読むために古典は現代の文章に訳す。当代の詩人・作家の手によってわれわれの普段の言葉づかいに移したものを用意する。
 その一方で明治以降の文学の激浪に身を投じる。厳選した作品に共感し、反発し、興奮する。
 私は誰か? 日本文学はそれを知る素材である。

この全集のラインアップを見て「おおっ」と思ったのは、作家の方々が古典を新たに訳出するところです。個人的には下記の翻訳を楽しみにしています。

竹取物語 森見登美彦 訳[新訳]

枕草子 酒井順子 訳[新訳]
方丈記 高橋源一郎 訳[新訳]

徒然草 内田樹 訳[新訳]

平家物語 古川日出男 訳[新訳]

雨月物語 円城塔 訳[新訳]

松尾芭蕉 おくのほそ道 松浦寿輝 選・訳[新訳]


これらが読めるのはさ来年になってしまうようですが、楽しみが増えました。気長に待ちたいと思います。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR