fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

文学は冷戦時代の武器だった

 

Zhivago Affair, TheZhivago Affair, The
(2014/06/19)
Peter Finn and Petra Couvee

商品詳細を見る


前回のブログで思い出した本です。冷戦が終った現在から振り返ると情報戦、プロパガンダはこっけいにすら思えてしまうのですが、当時は文学作品までもがそのプロパガンダの役割を担わされていたそうです。ドレフェス事件もDreyfus affairとなるように、ここでも世間を賑わしたジバゴ事件みたいなタイトル感じでしょうか。TOEICは事件・事故をとりあげないためか、affairという語はほとんど用いられていません。



ソビエトがない今はあまりピンときませんが、1950年代から60年代は両陣営が自らの正当性を訴えていたようです。ただ1958年のベルギーでの万博でソビエトの旅行客にひそかに配布されたのはパステルナークの『ドクトルジバゴ』だったというのは思いもしませんでした。CIAも積極的に関与していたとあります。

The Zhivago Affair by Peter Finn and Petra Couvée, review: 'literature as black op'
The strange story of how Boris Pasternak’s classic novel was used by the CIA to fight the Russians
By Duncan White
8:00AM BST 28 Jun 2014

The 1958 Expo in Brussels drew 40 million visitors, including tourists from the Soviet Union. As such, it was the ideal venue for Cold War propaganda. In their pavilion, the Americans staged fashion shows and square-dancing, showed off colour television and fed visitors hot dogs. The Russians were less playful: a 50ft statue of Lenin, feats of agricultural engineering, and, the coup de grace, a full-sized replica of Sputnik.

The real action, though, was in the Vatican pavilion, where priests and Catholic activists were handing out to curious Soviet visitors copies of a book bound in blue linen covers. This was a Russian-language edition of Boris Pasternak’s suppressed novel Doctor Zhivago, published in Holland at the instigation of the CIA. This was literature as black op.

In the Zhivago Affair, Peter Finn, a journalist with the Washington Post, and Petra Couvée, a scholar and translator of Russian literature, use declassified CIA documents to show exactly how Doctor Zhivago became a weapon in the cultural Cold War.



このようなプロパガンダが不要となった今、疑問に思うのは文学作品としての評価でしょう。上記の映画の批判"criticised for its naive rendering of history and its melodrama"が小説そのものにも当てはまるそうです。ナバコフあたりも評価しなかったそうです。

The Zhivago Affair review – how a novel became a weapon in the cold war
Peter Finn and Petra Couvée's wide-eyed account of the novel's role in the battle between the CIA and the Soviets
Christopher Bray
The Observer, Sunday 6 July 2014

Not that the book is all that inspired. The great lacuna at the heart of The Zhivago Affair is the realisation that Dr Zhivago isn't that great a novel. Finn and Couvée remind us David Lean's 1965 movie version was rightly "criticised for its naive rendering of history and its melodrama", but they seem blithely unaware that the same charges can be levelled at the book itself.

Given the circumstances of its composition, Dr Zhivago will always be of sociocultural interest but not one of the approving notices the book received on publication (from some of the biggest critics around: Kermode, Hampshire, Pritchett) rings true today. Edmund Wilson's glowing notice in the New Yorker gave the game away when it talked about "the courage of genius", as if the trials Pasternak had endured were enough to vouchsafe the book's quality. But ghastly though those trials were, literature must be judged as literature lest criticism descend to tub-thumping. Had Finn and Couvée asked whether the wide-eyed approbation that greeted Dr Zhivago in the west was no more than a mirror of the agitprop attacks it suffered at home, they might have written a better book.

ウィキペディアによると、日本語訳でもいろいろあったようです。

日本語訳
最初の日本語訳は1959(昭和34)年に原子林二郎訳によって出版された。前年(1958年)のパステルナークのノーベル文学賞受賞辞退の一件で話題の書となったため急遽翻訳が企画された模様である。そのためロシア文学関係者ではないものの時事通信社の業務でロシア語に接していた原子林二郎(時事通信社記者)が翻訳にあたった。また、原典であるロシア語版の入手が困難なため底本とすることができず、上巻は最初に出版されたイタリア語訳版と英訳版を相互に参照しながらの重訳であった。上巻の翻訳がほぼ完了した時点でミシガン大学出版局から出版されたロシア語版の入手がなり、後からロシア語原典と付き合わせて邦訳文を照合するという慌ただしさだった(原子訳・上巻「あとがき」による)。下巻は、ロシア語原典を底本にして、イタリア語訳版と英訳版を参照しながら邦訳が進められた。但し、ユーリー・ジバゴの詩の邦訳については原子は固辞して専門家に担当して貰っている。原子は重要な文学作品の邦訳を、社命とはいえロシア文学の専門家ではない者が行うことに強い抵抗感を示しており、遠くない将来にロシア文学の専門家の手による邦訳版の出版が望まれる旨を述べている(原子訳・下巻「あとがき」による)。その21年後の1980(昭和55)江川卓による翻訳が出た。原子訳と同様時事通信社から出版され、新潮文庫に上下巻立てで1989年に収められたが絶版となっている。古書市場では一時、下巻の入手が極めて困難で高額だった。 2013年工藤正廣による新訳が未知谷から『ドクトル・ジヴァゴ』として刊行された。

Newshourの最後の部分にありますが、当時は雑誌や美術展覧会なども含めてあらゆるプログラムが動員されていたのですね。

JEFFREY BROWN: And what — from your years in Russia and also covering national security, what about the story surprised you most or stuck with you that made you wanted to tell?
PETER FINN: Well, I guess it was the use of soft power by the CIA.
JEFFREY BROWN: Soft power?
PETER FINN: Yes. I was fascinated by and that part of the CIA’s history.
And they had massive programs throughout the Cold War that were cultural programs, not only books, but magazines, subsidizing the tours of orchestras, art exhibitions, academic conferences. They were involved in a whole range of activities.
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR