fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Otsuchi Future Memories

 
Slateの記事で岩手県大槌を撮影した写真家がいるのを知りました。

THE PHOTO BLOG
AUG. 8 2014 12:16 PM
Devastatingly Beautiful Photos of Japanese Tsunami Victims in the Ruins of Their Homes
By Jordan G. Teicher

The earthquake and tsunami that struck Japan in March 2011 caused catastrophic destruction throughout the country. People were hit especially hard in Otsuchi, a fishing town on the Sanriku Coast where a series of waves as high as 60 feet tall destroyed about 60 percent of the city. Alejandro Chaskielberg was in Tokyo for an exhibition of his work in 2012 when his curator, who had family in Otsuchi, told him about the devastation.

Chaskielberg made his first visit to Otsuchi 1½ years after the tsunami. When he arrived, he found a great plain of land where the city had been before. Red flags dotted the grasslands, marking where victims had been discovered. Large mountains of debris were scattered throughout the area.


Slateの記事で写真を見ることができますが、ご本人の下記のサイトでも写真を見れます。

Otsuchi Future Memories

このプロジェクトに関しては以下のサイトで説明してくれています。

Artist’s Statement:

“Following the most powerful earthquake ever to hit Japan, the sheer scale of the tsunami that smashed into northeastern Japan on March 11, 2011 was unprecedented. Coastal communities were devastated by waves, which at their highest reached forty meters above sea level, traveling up to ten km inland.

The fishing town of Otsuchi in the Iwate prefecture is probably the worst affected. Roughly ten percent of the population was killed or went missing and sixty percent of residential buildings sustained damaged. The mayor at the time and many municipal officials were killed in the ensuing tsunami, leaving Otsuchi’s administrative functions paralyzed.

I portrayed the Otsuchi inhabitants in the exact spot where their houses used to be, using long-exposure night shots for which they had to stay still for several minutes. These are b&w images tinted with colors retrieved from Otsuchi´s old family photographs that were swept away by the tsunami.

When I arrived to Otsuchi I was faced with the view of a great plain full of pasture lands covering where the city had been before. Here is where I found a family photo album with all its images completely blurred; however, the colors had survived the water corrosion and were not lost. I realized that the people of Otsuchi, besides having lost their loved ones, relatives, homes and old way of life, had also lost their family photographs, that in some way forms part of their memories from the past. I started thinking about this idea and wondered how our memories interacts with our family photographs, how we could retrieve a lost memory from a destroyed photograph.”

– Alejandro Chaskielberg

今年も来日してワークショップを大槌町で開催していたようですね。

http://www.tip.or.jp/20140611.html
アレハンドロ・チャスキエルベルグ 特別ワークショップ

このワークショップは、伝統的なドキュメンタリー写真の枠を超え、よりパーソナルなアプローチで社会と向きあい、アート表現と撮影テーマとの関係性を探索したい方に向けたものです。
講師となる写真家・アレハンドロ・チャスキエルベルグが、前編(東京)と後編(大槌)の2パートからなる講座を開催します。

後編:大槌町フィールド実践 6月13日(金) - 6月15日(日)
参加者はアレハンドロと一緒に、彼が現在も津波のアフターマスを撮影している大槌町へと移動。アレハンドロがいかに現地の人と関わりながら、言葉のハンディキャップの中、いかに作品を制作しているかという現場を体験します。

また、アレハンドロが行う大判カメラを使った真夜中の撮影にも同行し、彼のライティングテクニックなどを学ぶ機会があります。さらに、アレハンドロが、2014年秋に韓国で開催されるテグ・フォトビエンナーレに出品するビデオプロジェクトの制作を一緒に行います。

これは、世界で活躍する写真家の作品制作現場を実際に体験する貴重な機会になります。制作の中で起こる彼の迷いや、その中での意思決定プロセスを目にし、さらにその日起こった出来事やアウトプットされた作品に対して、アーティストと共にディスカッションをする機会があります。

大槌町でのワークショップでは、生徒と講師の関係は、よりチームに近い関係になります。全ての参加者は、アーティストと共に、「アフターマス」という考え方について議論し意見交換をするチャンスとミッションが与えられます。そこでは、既存のドキュメンタリー作品に終わらない写真作品の制作を行う事ができます。

アレハンドロ・チャスキエルベルグ
Alejandro Chaskielberg
アルゼンチンのNational Film and Audiovisual Art Instituteでディレクターオブフォトグラフィーを務める。2011年にソニーワールドフォトグラファーオブザイヤーにおいてベストフォトグラファーオブザイヤーを受賞。また同年、POYIのポートレイト部門においてラテンアメリカピクチャーオブザイヤーを受賞。2009年のBurn Emerging Photographer Grantの受賞者であり、スペインのSCAN’09でTalent Latent Award、ボストン大学のLeopold Godowsky Jr. Award、アメリカの写真雑誌pdnが選ぶ最も注目すべき世界の新進作家30名の1人にも選ばれている。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR