fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

ここに、建築は、可能か

 

早稲田文学 記録増刊 震災とフィクションの“距離”早稲田文学 記録増刊 震災とフィクションの“距離”
(2012/04/16)
古川日出男、阿部和重 他

商品詳細を見る


想像力は、震災にいかに対峙したか
早稲田文学震災チャリティ・プロジェクトとして、2011年3月から9月までに、15人の小説家が書き送った16の作品を収録。英中韓3カ国語に訳され、ウェブで公開、世界各地で読まれた翻訳バージョンと、執筆者たちによる対談・座談も掲載

昨年、英語だけでなく、韓国語にも訳したものをまとめて本になっていたようですね。先週の東京国際文芸フェスティバルに参加することで初めて知りました(汗)




ここに、建築は、可能かここに、建築は、可能か
(2013/01/22)
伊東豊雄、乾 久美子、藤本壮介、平田晃久、畠山直哉

商品詳細を見る


世界的建築家の伊東豊雄さんの「みんなの家」の取り組みをまとめた『ここに、建築は、可能か』も今年の1月に発売されていたようです。大きい本屋に立ち寄られた際に是非手にとってもらいたいのですが、英語併記なんですよね。TOTO出版を始め、建築関係、芸術関係の本は日英併記が多いですよね。

文学、建築、芸術はすでに世界に向けて普通に発信しているんですよね。英語教育界が一番後ろ向きで日本にこもっているんじゃないでしょうか。



上記の動画では、伊東豊雄さんのインタビューを英語字幕でも見れます。

この動画は長編ドキュメンタリー『霧の向こう』のサイトで公開されていたものです。フランス人監督ケイコ・クルディさんという方が撮影されたようで、コンセプトは世直しだそうです。日本語、英語、フランス語でも見れるようになっていますので、英語学習的にも活用できますね。

スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック

月別アーカイブ


FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR