FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

アカデミー賞で一喜一憂する前に

 


明日のアカデミー賞では1917が作品賞を取ってもらいたいなというのがYutaの願望です。日本では今週末公開ですね。



ただ予告編やらYoutubeで見てると、綺麗にかっこよく撮りすぎているのではと少し心配です。そんな心配を文章化しているのが次のNew york timesのエッセイです。

World War I was a disaster, but Sam Mendes’s Oscar-nominated epic paints a dangerously misleading picture of the conflict.
By Cathy Tempelsman Ms. Tempelsman is a writer. Feb. 8, 2020

Yutaなりに強引にこのエッセイの肝をまとめると、1600名の兵士の命がかかっている伝令をめぐる話ですが、塹壕戦で命を落とした人数から考えると大海の一滴に過ぎないので、そこだけをクローズアップしていいことをした気になると第一次大戦の本質を見誤ることではないかという主張です。あとエッセイでは人の命をなんとも思っていない上層部のことも触れています。

In my research, I read chilling accounts of these attacks.

In ecstatic terms, Gen. Thomas Wynford Rees of Britain described the “marvelous advance” of his infantry brigade, “dressed as if on parade,” at the Battle of the Somme. Incredulous Germans watched the men walk — yes, walk — in long rows across open terrain — then proceeded to mow them down. To General Rees, the massacre was a “magnificent display of gallantry.”

On July 1, 1916, the first day of the Somme, there were nearly 60,000 British casualties (a third of them died). Five months later, the number rose to nearly 500,000, and a British general, Douglas Haig, finally ended the attack, but not before claiming that results “fully justify” the effort. He expressed no remorse for the loss of life.

In his book “The Myth of the Great War,” John Mosier describes this “slaughter of the infantry” as “almost exclusively a British achievement.”

Years later, Prime Minister David Lloyd George wrote that while General Haig “ordered many bloody battles in this war,” he took part in only two. Mr. George also noted an “inexhaustible vanity that will never admit a mistake.” It’s no wonder that General Haig was called “the butcher.”

Yutaの偏向ある戦争映画の見方かもしれまえんが、やはり戦争って嫌なものだなと心底思わせてくれるものを期待します。この作者のいうcreating emotional truthです。

I don’t expect Mr. Mendes to include every fact about the war. Almost by definition, historical drama is selective; we invent characters, we compress events.

But we do this in the interest of creating emotional truth. Mr. Mendes does the opposite. By disguising the brutal truths of the war, he sentimentalizes and even valorizes it — a war in which disregard for human life led to approximately 8.5 million military deaths around the world, and an estimated 21 million wounded.

ですからWe don’t need to feel better about World War I’s slaughter. We need to feel worse.と述べる作者にYutaは賛成です。まだ映画を見ていませんが。。。

“1917” provides escape from the true carnage of the “Great War.” Instead, it might have forced us to question the endless, inconclusive conflicts that have followed, and the butchery and sacrifice they inflict. We don’t need to feel better about World War I’s slaughter. We need to feel worse.

In a poignant image straight out of Shakespeare, Mr. Mendes’s grandfather is said to have washed his hands compulsively for the rest of his life because “he could never get clean” of the war. If we’re going to avoid the stain of endless, senseless wars in the future, we have to tell stories that focus on the horror, rather than false heroics and filmmaking feats of wonder.

ちょうど同じ時期に2年前に公開されていたピータージャクソンの第一世界大戦の映画が東京で見れます。こちらの方は塹壕戦の嫌さも戦争に参加した無意味さもしっかり描けていました。日本人は第一次大戦のヨーロッパ戦線に馴染みがないのでこういう映画も一人でも多くの人に見て欲しいなと思います。



戦争なんて心底うんざりだという思いがあったから、あの悪名高い「ミュンヘンの宥和」もあったのでしょうから、やっぱり綺麗に映画を撮っては欲しくないですね。

 

セレブに大人気のKOMBUCHA(コンブチャ)って?

 


海外ドラマで唯一はっきり聞き取れるのが日本語だったりします(苦笑)有名な聞き間違いの部類なのかもしれませんが、メモがわりに。

数年前のめざましテレビでやっていたようで、こういう知識を入れられるテレビは馬鹿にはできないですね。かつて「紅茶キノコ」と呼んでいたなんて知りませんでした。



2017.07.21

知らない方にとっては謎の多い「コンブチャ」についてご説明します。
さらに、ELLE café のこだわりが詰まったELLE café KOMBUCHA(コンブチャ)の特徴をご紹介。

コンブチャとは

初めてコンブチャを耳にした際、「昆布茶?」と驚いた方が多いのではないでしょうか?
その名の通り”昆布のお茶”を思い浮かべる方も少なくないかもしれませんが、実はそれとはまったくの別物。
コンブチャとは、お茶を発酵させてつくる植物性の発酵ドリンクです。

言い訳ですが、ビリオンズとかの海外ドラマだと日本関連のトピックが出るので、昆布茶のことかと思ってしまいました。コンブチャが出てきたのはサバイバー: 宿命の大統領のシーズン2-1でしたが。。。


 

日本関連の英語メディアは何がいい?

 
すでに知っている方も多いのかもしれませんが、英語学習界隈であまり話題になっていないので記事にしてみました。無料メディアに絞るならNHKとかJapan Newsになるのでしょうが、新聞系のサイトの中から選ぶならデジタル毎日もありかと思います。

というのもデジタル毎日だとウォール・ストリート・ジャーナル 読み放題もついて、年間購読なら月額700円になりお得です。


スタンダードプランでできること
有料記事 読み放題
ウェブ限定コンテンツ 読み放題
ウォール・ストリート・ジャーナル 読み放題
朝、昼、夕のニュースメール
将棋・囲碁動画中継

もちろん毎日新聞の英語版も読めますから、日本のニュースもフォローできコスパ的には最強だと思います。

ウォール・ストリート・ジャーナルは日本語版と英語版のどれも読めますので、海外ニュースに疎い方は日本語記事を中心に読めば海外ニュースにも強くなっていくでしょう。デジタル毎日のサイトからウォール・ストリート・ジャーナルのサイトに遷移があるので、そこだけ手間ですが、真っ当に払うとWSJは月額2,899円ですので、お得すぎる値段設定です。

 

Bad guyからのbombshell

 


Billie Eilishがグラミー賞をとりまくったようですね。Yutaが彼女の歌を知ったのは映画『スキャンダル』で使われていたから。頭にこびりついてYoutubeで探して聞くまでになっていました。



この映画の原題はBombshellなんですが「非常に魅力的な女性」という意味もあるんですね。なんかピンとこないタイトルだと思っていた自分の英語力のなさが恥ずかしいです。。。

(オックスフォード)
bombshell
noun [usually singular] (informal)
​1. an event or a piece of news which is unexpected and usually unpleasant
The news of his death came as a bombshell.
She dropped a bombshell at the meeting and announced that she was leaving.
2. a blond(e) bombshell a very attractive woman with blonde hair

この二重の意味をかけたのが映画タイトルだったわけで映画レビューではits new, suggestive title, playing on the double meaning of news scandal and blonde femininityと指摘していました。

By failing to contextualize their race and class, Bombshell overlooks how complicated the real women who ousted Roger Ailes are. (Contains spoilers.)
Pier Dominguez Culture Writer
Posted on December 9, 2019, at 1:02 p.m. ET

Bombshell was originally titled Fair and Balanced, which is, arguably, a more honest description of the kind of Hollywood-friendly liberal recuperation of Fox News culture that it’s actually portraying. But its new, suggestive title, playing on the double meaning of news scandal and blonde femininity, has helped sell the movie as a powerful, zeitgeist-y story about women speaking truth to power. The fact that it might become the #MeToo movie of 2019 might be a more salient critique of the class and racial politics of Hollywood’s versions of women’s empowerment than anything the film depicts. 

こちらの映画レビューでもbombshellに(性的に)魅力的な女性という意味があることに触れています。

By KENNETH TURANFILM CRITIC  DEC. 12, 2019 5 AM

This is not the first drama about workplace sexual harassment (don’t miss 2018’s superb Israeli “Working Woman”) but it is the one that will have the most impact, in part because of the double meaning of its title.

For, witness 1933’s “Bombshell,” an inside-Hollywood satire starring the glamorous Jean Harlow, the word once referred to attractive women. And because the new “Bombshell” focuses on on-camera Fox News personalities, it gives rich parts to no less than three splendid actresses: Charlize Theron (who also produced), Nicole Kidman and Margot Robbie.

辞書的に1番目の意味a piece of news which is unexpected and usually unpleasantについては、語感がすっきりわかるピッタリな例がありました。まさに今政権を揺るがすインパクトを持っていますね。



By Susan B. Glasser January 28, 2020

Bombshellってもう「爆弾」って意味ではほとんど使われないんでしょうね。文字通りの意味につられやすのは外国で学ぶ欠点の一つかもしれません。

この映画を見る機会があったのですが有名な事件をなぞる意味がどこまであったのか疑問に感じたというのが率直な感想です。ただメーガン・ケリーがこの映画を機に実体験した人を集めてインタビューした番組をみて、「実際はもっとひどかった」と語っていたのを聞いてハッとしました。



シャーリーズ・セロンやマーゴット・ロビー、ニコール・キッドマンといったbombshell級の女優を揃えて、セクハラ親父をやっつけるような痛快な映画にはなっていましたが、セクハラ被害の陰湿さを理解し、被害者側の心情への思いやるようにはなっていなかった自分を反省させられました。
 

武漢華南海鮮卸売市場

 

前回のエントリーで「海鮮市場」と報じられていることに触れましたが、現地での名称だったのですね。Wikipediaにも項目が立っていて場所やどんなものが売っていたのかまでまとめてくれています。
live animal and seafood marketと書いてくれているように海産品だけでなく動物の肉も売っていることを明記しています。あとポイントは動物でも生きたままで売っているようで、だからlive animalsとしています。メディアでもseafood marketだと誤解を生むので固有名詞で呼ばない場合はfish and meat marketのようにしているケースが多いですね。

(Wikipedia)
Huanan Seafood Wholesale Market (Chinese: 武汉华南海鲜批发市场)[1][2] is a live animal and seafood market in Jianghan District, Wuhan, Hubei province, China. The market gained media attention after the World Health Organization was notified on 31 December 2019 of a cluster of 44 people who became unwell with pneumonia of unknown cause, ultimately leading to the 2019–20 Wuhan coronavirus outbreak. A significant number of the cluster had a direct association with the market, resulting in its closure on 1 January 2020. It currently remains closed

武漢華南海鮮卸売市場(ぶかんかなんかいせんおろしうりしじょう、中国語: 武汉华南海鲜批发市场)[1][2]は湖北省武漢市江漢区に所在する生動物及び魚介類を扱う市場。世界保健機関によって2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行とこの市場に関連性があるとする声明がなされたことでメディアの注目を集めた[3][4][5]。2020年1月1日に感染拡大の予防のために閉鎖されて以降、再開されていない[6]。

Items sold
Although Huanan Market is known as a seafood market,[15] it was primarily infamous for the mostly illegal[citation needed] sale of bushmeat (ye wei in Chinese) and other exotic animals due to the demand for such animals for consumption.[8][15] An image that had been circulating on the Internet showed a price list from a business at the market that listed prices for 112 items including a number of wild animals

取扱品目
武漢市場は海鮮市場としても知られているが、元来は需要の大きい家禽やエキゾチックアニマルを取り扱う市場として有名であった[7]。市場で取り扱われている野生動物を含む112品目の価格表がネット上で出回っているが、真偽のほどは不明である


プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR